2011年09月12日

阿蘭陀焼の髭皿

以前 「 古伊万里と英国紳士 」 で

案内させて頂きました古伊万里の髭皿。

もちろんヨーロッパ諸国の富裕層からの

注文をオランダの東インド会社が受け、

それを有田地方に発注しVOCの旗印のもと

五艘船でわざわざ東洋から西洋へと

運んだ、という18世紀、元禄時代の

話をいたしましたが、今回は、その

ポストストーリーです。

higezara7.jpg

色絵花籠文髭皿 ( 江戸時代、元禄期 ) ご成約済み

記事の続きは右下の 続きを読む をクリックしてください。
story by アートギャラリー甲比丹 無料鑑定 出張鑑定 骨董 古美術 株式会社キーアクト
海を渡った古伊万里の髭皿、

それがアムステルダム港に荷揚げされ、

ヨーロッパのジェントリー層に珍重されると

今度はオランダのデルフト地方では、それを

真似て18世紀〜19世紀にはデルフト製の

倣伊万里髭皿が焼かれたのです。

九州陶磁文化舘にも元禄伊万里を

絵柄まで模倣したデルフトの髭皿が

所蔵されています ( 参考サイト )。


一方、今回当ギャラリーに仲間入りした

髭皿は、絵柄がいかにもヨーロッパ風、

伊万里の意匠を真似た形跡がない。

軟陶でとても古いものです。

higesara1.jpg

デルフト染付人物文髭皿 ( 18世紀 )
直径役31cm x 高さ10cm
 
11月28日: ご成約 ありがとうございました。

higesara2.jpg

higesara3.jpg

higesara5.jpg

勘の良い方はもうお気付きでしょう。

そう、この髭皿が本家本元のデルフト

の髭皿で、これを製作見本として、

有田地方で磁器製髭皿を焼かせたのが

古伊万里の髭皿の始まりなのです。

それがまた本家のオランダで日本風の

絵付が模写され、前述の九州陶磁文化舘

所蔵の倣伊万里デルフトの髭皿へと

再度繋がっていくわけです。


もうこうなると、昔から文化・芸術は

真似し真似されのキャッチボール、交流が

とても盛んだったことが分かります。 

江戸時代にチョンマゲ姿の日本人と

オランダ人が一体全体どんな顔して

商談していたのかと想像するだけでも

歴史の謎を紐解くようで面白いですね。




story by アートギャラリー甲比丹 無料鑑定 出張鑑定 骨董 古美術 株式会社キーアクト
posted by キャプテン at 22:22 | Comment(0) | 商品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
jde4