2008年02月04日

ムラノガラスってどこのガラス?

 先日福岡で行われたアンティークフェアでの話なんですが、

西洋アンティーク専門のブースに綺麗なガラス細工があり、

「いいベネチア・ガラスですねぇー」っと私が話しかけると、

ご主人は自慢げに「ええー、ムラノですから。」 ところが

隣の和骨董屋のご主人が「えっ?そのガラス、日本製なの?」っと

怪訝そうな顔で覗き込む。 「村野ガラスでしょ!?」

いえいえ、「村野」ではなく「ムラーノ」なんです。



ムラノ(ムラーノ)ガラスというのはイタリアのベネチア・ガラスの中でも

ベネチア沖に浮かぶムラノ島で生産される手作りのベネチアガラス

のことで決して日本の村野さんが作ったものではないのです。

ベネチア・ガラス人形
ベネチアガラス人形(イタリア) 
御成約済み


ベネチア・ガラスの歴史は長くその起源は11世紀ごろと言われています。

それ以前は、都市国家ベネチアは強力な制海権でイスラムガラスを一手輸入し

(いわゆるベネチアの東方貿易のひとつ)膨大な富を築いていたのですが、

交易が難しくなってからもイスラムガラスの製造技術を自国のムラノ島に

封印しヨーロッパでの独占的なイスラミックガラス製造の地位を維持したのです。

ベネチアガラスのモザイク模様がどことなくイスラミックの幾何学模様と

共通性を持っているのは、そのような歴史的な背景があるからなんですね。

ムラーノガラス、、、それはイタリアのベネチア沖、ムラーノ島で作られた

ベネチア・ガラスの代表選手のような手作りガラスのことなのでした。


 



posted by キャプテン at 21:09 | Comment(0) | 商品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
xipb